本文へ移動

家づくりのお約束ごと

1.お客様の安心

大切な家族のために
お客様に安心して家づくりを楽しんで
暮らして頂くために、私たちが出来ること。
家づくりは、一生に一回の大切なお買い物です。
お客様に安心して家づくりをして頂くために、盛山建設では、『長期優良住宅』の認定を受けてから工事を着工することをお約束しています。

『長期優良住宅』とは「いいものをつくって、きちんと手入れをして、長く大切に使う」というストック型社会への転換を実現するために、これからの住宅の長寿命化を推進する国の政策です。
『長期優良住宅』の認定を受けるためには、第三者機関に11項目の審査を受ける必要があります。
審査に合格し行政から認定を受けることは、お家自体の確かな評価になるのでローンや税制の優遇が受けられるとともに、定期点検が義務図けられているので、将来、高い資産価値として残すことが出来ます。
建てて終わりではなく、建てて頂いたせっかくのご縁を大切にしたいので、困ったことがあれば、すぐにお伺いします。住まう方が心から安心して安全に過ごせることをお約束します。

2.家づくりの技術の更新

技術のアンテナをつねに立てて
家づくりは、たくさんの人の力が合わさった技術の結晶です。
日常の中で、ブラウン管テレビが液晶テレビに変わったり、電話がスマートフォンに変わったり…。技術は日々進化しています。家づくりも同じように進化していきたいと考えます。

常に新しいことにアンテナを張り、知り得た技術を試行錯誤し身につける。
住まう人が「私にぴったり。」と実感して頂けるお家を考える。
家づくりを一緒に手伝ってくれる業者さん達と切磋琢磨して家づくりをする。
ただの流れ作業のような家づくりではなく、そこに住まう人のことを想いながら、ご予算、構造、性能、環境はもちろん、好み、趣味、生活リズム、暮らし方などのいろいろな角度からお家を設計をすること。
そういった多様な技術を絶え間なく更新することをお約束します。

3.大切なモノとの豊かな暮らし

豊かな暮らしのために
日々の暮らしは、どうしてもモノに溢れてしまいがち。愛着溢れるモノが増えていく。
大切なモノたちに囲まれた豊かな暮らしを送るためにモノたちにも指定席というお家をつくることを提案しています。

お家の間取りをヒアリングすると、「収納をたくさんお願いします。納戸やウォークインクローゼットも欲しい。」といった声を、よく耳にします。確かに、たくさんのモノを仕舞う空間は大切ですが、空間をただ確保するのでなく、お客様の暮らしを彩る大切なモノたちを、いつ、どこで、どのように過ごして、どうやって仕舞うのか、質の高い収納を目指して間取りと一緒に設計することで、住んでから「これ、どうしよう…」というお悩みを少しでも解決するお手伝いが出来たら、と考えています。そして、住まわれてからもモノの整理に困った時、一緒に考えられるお手伝いをさせて頂いております。
TOPへ戻る